大判の圧着はがきを有効利用しましょう

最近はダイレクトメールに圧着はがきを利用する企業が増えています。一般的なはがきに比べ情報量が多い上、重量が軽いのではがきの料金で郵送できること、また封書に比べ開封しやすく、またセキュリティが保ちやすいことから多くの企業で利用されています。その中でも最近注目を集めているのが大判の圧着はがきです。紙面が大きいためより多くの情報を掲載できるほか、大きいため見やすく印象的な情報を掲載することもできます。その為、ダイレクトメールに利用する際にも工夫次第で効果的な利用が出来ると期待されています。しかし、どの様な情報をどの様に掲載するかについてはまだ十分に利用し切れていない部分も少なくありません。そのスペースが大きいため、充分に検討することでより効果的な利用が出来る余地があります。

大判圧着はがきのメリットは印刷面積が大きい事

印刷するスペースが大きなことは、色々な情報を一面に掲載できるというメリットがあるということですが、そのメリットを効果的に利用するためには伝えたい情報を如何にその面に表現するかという点にあります。一般のはがきに比べ送料は高くなるうえ、印刷コストも多くかかるので効果的に利用しないと意味がないのです。このような場合に良く考えられることは、大きなスペースで有る事を活かしたレイアウトを行うことです。商品の宣伝で有れば商品の写真を中央に掲載しその周辺に説明を加えるといったカタログ的な表現を行うことも可能ですし、商品の種類を数多く掲載することで豊富さをアピールするなど目的を意識した表現を行うことが重要です。一般的なはがきとは異なるメリットを認識し使い分けることが大切です。

大判はがきと封書のメリットを使い分けることが大切です

大判圧着はがきのメリットはスペースが大きく郵送料が封書に比べ安いことですが、内容によっては封書の方が効果的な場合があります。一般的に相手に対して高級感を与えるのは封書であり、はがきの場合には安く情報を伝えるという印象があることは否定できません。そのため、はがきを利用する場合にははがきにしかできない利用法をすることが非常に重要になります。開封するイメージを利用したプレミアム感を出すような内容を付加したり、くじのような特典を付けるといった手法もその一つで、受け取った人にはがきならではのプレミアム感を与えることを利用することが効果的です。ダイレクトメールを送付する際には受け取った相手にどの様な印象を与えるかを考慮してその方法を選ぶことが重要です。そのケースによって封書とはがきを使い分けることがより強い印象を効果的に与えるものです。