大判だからメリットたくさん圧着はがき

はがきの内側に特殊な加工をして貼り付けることで作られる大判の圧着はがきは、ダイレクトメールに使用する上で様々なメリットがあります。まず、お客様になるべくたくさんの情報を伝えたいというニーズに対応できるということです。通常のはがきサイズでは伝えられる情報量に限界がありますが、大判の圧着はがきならば単純計算で2倍以上の情報量が掲載できることになります。それでいて、送料は通常はがきと同等なのでコストカットができます。また、開封しないと中身を見ることができないという点で、情報の機密性を高めることもできます。一度開いたら再度付け直すことはできないため、盗み見をされた場合にはすぐに気づくことができます。このように、セキュリティ面においてもメリットがあるのです。

お客様に伝えたい情報を余すところなく掲載できる

通常のはがきに出来る限りの情報を載せようとすると、字が小さくなりすぎたりして見にくくなり、結果印象に残らなくなってしまうという恐れがあります。ですが大判の圧着はがきを使えば、広いスペースを使ってレイアウトに工夫をしながら情報を掲載することができるのです。スペースに余裕があるので、例えば集客のためのクーポンを掲載して、切り取って店頭まで持参してきてもらう、というような使い方も可能です。アイデア次第で活用方法は無限に広がります。同じ情報量を封書形式のダイレクトメールで伝えようとすると、まず封筒への封入という手間が発生します。印刷も封筒と封入物の両方必要となりますし、送料も多く掛かってしまいます。受け取る側としても、開ける手間やその後の保管のしやすさを考えるとはがきが優位になるでしょう。

セキュリティに敏感な現代だからこそ注目される

開かないと中身を読むことができないというのは、個人情報保護に対して神経過敏になっている昨今において歓迎される仕様であるといえます。プライバシーに配慮している企業であることのさりげないアピールにもなります。通常のはがきであれば、盗み見したとしても証拠が残りませんが、一度はがしたら元に戻せない圧着はがきであれば、盗み見を抑止することができるのです。また、雑誌の袋とじの原理と似ていますが、はがきをはがすという行為にはある種の期待感が付いてきます。中身には何が書いてあるのだろうと期待しながら開くことで、中に記載されている情報がより頭の中に入ってきやすくなり、そして記憶に残りやすくなります。お客様に情報を伝えるための表現方法の一つだと考えることができるのです。